2009年6月3日水曜日

素敵なプレゼント

昨日、僕宛に小包が届きました。

封を開ける前の小包の質感で
送り主が先日行ったグループ展で描いた
あのお客様からだと分かりました。


小包の中身は、なんと

仁王像の様な「木彫りのまーくん」。名前までちゃんと


オリジナルは僕が以前に描いたコレです。


この絵を気に入っていただけたそうで、
スケッチを渡して別れ際にお客様は、
「趣味で彫刻をやってるから今度掘るね」
と言ってさようならをしました。


まさか本当に掘って頂いて、そしてプレゼントまでして頂けるとは
思っていなかったので大変感激いたしました。
しかし、ここまでハイクオリティな物になるとは
思っていませんでした。

本当に本当にありがとうございました。


しかし、趣味にしてはうますぎるなぁと思い
試しにネットでお名前を検索しましたら、
やはり有名な彫刻家様でした…。
引っかかった画像はとんでもなく緻密な彫刻でした。


これまで様々なアーティストや、芸術家達に会いましたが
素晴らしい技術を持っている人ほど本当に謙虚で
決して偉ぶらず、自然体でとても素敵なんですよね。
いつかは自分もそんな芸術家になりたいものです。



本当にささやかなお礼ですが
鉛筆でもう一度描いてみました。
この絵から只者ではない眼差しが伝わればと思います。


このサプライズプレゼントはとっても嬉しい出来事でした。






話は変わりまして、
カリカチュアスクール、プロコース
次回の8回目で最終回になります。

これまでの毎週土曜日の7回は、
決して短い道のりではなかったですが
振り返ると本当にあっという間の出来事でした。

ライブスケッチでは1人顔カラーを15分で描けるようになりました。
ほとんどが素人だった受講生は
段々とプロらしいラインとカラーリングが出来るようになりました。

土曜日に行う度に成長していく様子は、1週間の一番の楽しみでした。

今週の土曜日でまたどれだけの作品が仕上がるか
どんな形で終わるのかとても楽しみです。

受講生の皆様、最後の教室、よろしくお願いしますね。

2 件のコメント:

よしはらのぼる さんのコメント...

講師成田さん、素晴らしいプロコースをして頂き、本当に感謝しております。スタッフも、本当にお疲れさまでした。作品をありがとうございました。とっても気に入っています。泣きました。そんな中、一生懸命に勉強している方達の作品のパワーで満ちあふれていて、危機感と羨ましさでいっぱいになっていました。私はラインの技術が大きな問題です。認定級は最低なので、ショックしました。やっぱりプロコースで一度地獄でラインで描くと、改めて思い知らされました。しっかり練習して頑張っていきたいと思っています。夏、プロコース2に参加がいつになるか分かりませんが、努力して絶対また復活してみせます。本当にありがとうございました。

Sosuke Narita さんのコメント...

よしはらさん
2か月遠くから通って下さいまして本当にありがとうございました。
作品、気に入っていただけて幸いです。
上達する為には、楽しんで努力をする以外にないと思います。描いた作品を客観的に見て、教わったことと照らし合わせることを忘れずに行ってください。
また会える日を楽しみにしています。
本当にお疲れ様でした。